Profile of 関西のカメラマン-Passion7-しゃしん








プロフィール(自分について)

高橋和弘 Kazuhiro Takahashi

小学校の頃、スーパーカーブームの陰で鉄道ファンとしてブルートレインや時刻表にはまり、
父親の古い機械式カメラを借りて、鉄道写真を撮りまくる。
中学生の時にはお小遣いを貯め初めての一眼レフカメラ「キャノンAE-1」を手にいれる。
高校生の頃、写真部に所属して部長になり、学校行事などアルバム作りを担当、
そしてこの頃に、モノクロ現像の面白さに魅せられる。

専門学校はもちろん! 写真専門学校で、新聞配達をしながら、写真についてを学ぶ。
学校を訳ありで中退した後、写真の現像所に勤める。
そこでなぜか、カメラ店の店長に抜擢される。
3年間あまり勤めるものの、やはり小さい頃からの夢でもある、
カメラマンになりたくて、退職する。
写真スタジオにカメラアシスタントとして就職する。
忙しさのために、わずか1年足らずでカメラマンに昇格するも、
勉強しながらなので、失敗の繰り返し・・・
その分上達もすこぶる早かった!
その頃の写真業界は大変忙しく、朝から夜中までどっぷりと写真生活の日々を送る。
最後は、チーフカメラマンまで勤めるが、10年後に退職。


独立後、フリーランスとして活動を始める。順調にとは行かないまでも、
いろいろと新しい仕事に精力的に活動する中、情熱の写真家 パッション を設立。
今までやった事の無い分野での仕事や、
ニューヨーク、パリ、ミラノなど海外での撮影に参加。
パリではエッフェル塔の中で、スタジオセットなどを作りモデル撮影をしました。
Le・studio では、かの有名写真家サラ・ムーンさんにお会いし、
アシスタントの人が内緒ですよ(笑)と、
前日撮影したというポラロイド写真を見せてもらい、
その類い稀なる素晴らしい才能に深く感動し刺激を受けました。

ヘアメイクカレッジなどの非常勤務写真講師、女優さんやタレントさんなどの撮影、
百貨店企画のニュース番組のTV出演等、いろんなお仕事にも関わってきました。
また、ヘアメイクやスタイリストやモデル、あるいはデザイナーなどとコラボして、
作品撮りなども積極的に楽しんでいます。

このサイトに掲載されている写真は、
今までの私の写真人生のほんのわずか一部ですが、
なんとなく、解って頂ければ幸いです。


映画などを見ていていつも思うのですが、スクリーンの中の俳優さん達は、
その時代、その風景にすごくマッチしていて、すごく輝いています!
いついつまでも、それは残っていて、また誰かに感動を与えたりします。
写真も同じで、記録と記憶、時にはアーティスティックに「今」を残してゆきます。

日頃から、ゆるい?写真なども撮っていて、カメラとカラダは一体化しています。
ブログなどにも時たまそれをアップしています。
なにか「キラッ」と光るものを探し続けて行きたいと思っています。


こんな私です。
今までの多くの経験や実績を生かし、皆様にサービス出来る事を、
楽しみにしております。どうぞお気軽にお声をおかけ下さい。




P.S  2012.10.01  屋号を「パッション」から「Passion7」に改名しました。


☆ 作家活動

2014..5.15〜5.20 
東京都国立のギャラリーアートイマジンにて、  
芸術の存在意義「展」No.16に参加(写真作品60点展示)

2015.8.8〜8.12
東京都品川O美術館にて、
美術公募団体アートイマジン芸術祭に写真作品出展


2015.10.29〜11.03
奈良市東向き北町PHOTO GARDENにて、高橋和弘写真展
「Instagram gallery」を開催


2016.5.10〜5.15
東京上野の森美術館にて、
美術公募団体アートイマジン芸術祭選抜展に写真作品出展







Passion7 高橋和弘


写真.JPG